ガオくんの皮をかぶっためぇめぇさん

オオカミ顔のかわいいリッキーとの日々

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

りっきーさんの入院

リッキーさんは2ヶ月ほど前に
立ち上がれなくなり入院しました。

それは年齢のせいでもありましたが
散歩になかなか連れて行けなかった環境が原因だと思います。

動物は後ろ足から弱っていきます。
りっきーもそうでした。
少しずつ後ろ足の筋肉が衰え最終的には
立ち上がれなくなりました。

床ずれができととても痛がっていました。
それに2日も気づいてあげられず苦しませてしまいました。

ごめんなさい。
りっきー。
辛かったね。
痛かったね。
ほんとにごめんなさい。

入院して傷は少しずつ治ったけれど
反対側にも傷ができてしまってなかなか治らなかったね。

立ち上がる練習もしたけれど
最後まで自力で立ち上がれなかったね。
大好きな散歩に連れてってあげられなかったね。

沢山ごめんなさいだけど
少しでも幸せな時間があったのなら
私も幸せです。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

 

yoshibuさん、寝れてますか。
食べれてますか。
まだまだ時間はかかって当たり前なんですから、りっきーちゃんがいたこと楽しかったことお話してね。


以前何かで読んだのですが、愛犬をなくして『うちに来て本当に幸せだったのだろうか』と考える飼い主さんの愛犬は間違いなく幸せだということ。

事故 病気 老衰どんなことでなくしても後悔はするということ。

私の友達は6月に7歳のシュナを買い物に行ってる2時間の間になくしました。
どうしてそばにいてやらなかったんだろう。と自分を責めてどうにかなってしまうくらいでした。
辛いですよね。

どうやって生きていけばいいの・・・くらいなるかと思います。

うまく言えなくて、ごめんなさい!!
全然励ましになってなくて・・・。
  • posted by てりん 
  • URL 
  • 2006.10/11 10:16分 
  • [編集]

 

てりんさん
ありがとうございます。
ちゃんと眠れています。
食べれています。

いまは家族や友人に心配をかけたくないので頑張って元気でいます。

その気持ちが本当に私を元気にしてくれているようで
思っていたよりもとても元気です。

リッキーさんがご飯を食べられなくなってしまって旅立っていったので
食欲はなくてもリッキーのことを思うと
食べなければいけないなと思っています。


それにてりんさんのコメントの【愛犬をなくして『うちに来て本当に幸せだったのだろうか』と考える飼い主さんの愛犬は間違いなく幸せだということ。】
とても励みになりました。

またぽつぽつと更新していきますので
遊びに来てくださいね。


  • posted by yoshibu 
  • URL 
  • 2006.10/11 21:28分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://rikky060311.blog57.fc2.com/tb.php/22-dd020e32

左サイドメニュー

プロフィール

yoshibu

Author:yoshibu
私の名前はリッキー。
シベリアンハスキーの
女の子です。
糖尿病でもう目が見えなくなってしまったけど
まだまだ元気です!!
写真はお家にきたばかりのもの。
かわいいでしょ?!

(リッキーさんは2006年10月9日明け方虹の橋へと旅立ちました。虹の橋で沢山のお友達と楽しく過ごしていると思います。)

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。